熱帯魚 ディスカスとは? 熱帯魚 ディスカスの飼育と繁殖

熱帯魚 ディスカスとは?

原種のディスカスは、改良された品種のディスカスに比べると色合いが地味なので、人気が低く見られがちな熱帯魚です。
しかし、品種改良されていない自然の美しさには、人工美にはない独特の魅力があります。

原種のディスカスは10月から4月にかけて、水槽で飼育しやすい大きさの15センチ前後がまとまって輸入されていますので、ディスカスを購入する予定があるならこの時期に購入すると良いと思います。

それ以外で手頃に入手できるディスカスといえば、東南アジアで大量に養殖されているレッドディスカスや体が3センチ前後のブラウンが良いと思います、またグリーンやブルーも比較的大きいサイズで輸入されますし、なおかつ安い値段で購入できます。

原種のディスカスは、他の熱帯魚と一緒にするコミュニティ・タンクの中でも飼育することができますが、ヘッケルとは一緒にできません。

元々ディスカスは、湖の岸辺など流木の根元や水草の生えている薄暗い場所や流れの緩やかな場所に生息しているので、水槽内にもできるだけ同じような環境を作るようにします。
また、ディスカスが生息している川の水質は、ブラックウォーターと呼ばれる薄茶色の弱酸性の水です。

ピートモスなどを使って水槽の水もディスカスが生息している川の水質に近い水質にしてあげましょう。
水温はだいたい26〜28℃に設定するのが理想的です。

注意点は水槽の水が古くなりすぎると、ディスカスのヒレがボロボロになるおそれがあるので、週に1〜2回、定期的に3〜2分の1程度の水を交換するようにしてあげて下さい。

ディスカスがエサとして好むのは、イトミミズやアカムシなどですが、だからといって同じものばかり与えると、内臓障害が起きやすくなるようなので、バランスがとれた人工のエサもメニューに加えてバラエティのあるエサにしましょう。

最初は人工のエサに慣れないかもしれませんが、イトミミズなどにエサを混ぜたりして工夫をすれば、その内食べるようになります。
飼育 ディスカス
posted by 熱帯魚 ディスカスの飼育と繁殖 | ディスカス
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。