熱帯魚が病気になってしまう原因とは? 熱帯魚 ディスカスの飼育と繁殖

熱帯魚が病気になってしまう原因とは?

■熱帯魚が病気になってしまう理由
熱帯魚を飼っていると、一回は必ず熱帯魚が病気になってしまう事があると思います、その熱帯魚が病気になるのには理由があります。

まず初めて熱帯魚の飼育をする人には、水槽の水を安定させる事に慣れていないため、熱帯魚が病気になりやすい状況を作っている場合があると思います。

◆ 水質が原因
飼っている熱帯魚の水質があっていないと病気になりやすいです、たとえば弱酸性を好む熱帯魚なのにアルカリ性の水で飼育していると病気になりやすいということです。

また逆に、弱アルカリ性を好む熱帯魚に酸性の水で飼育する事が病気の原因にもなります、という事で水の硬度が飼っている熱帯魚に合ってないと病気の原因になるといえるでしょう。

◆ 温度が原因
水槽内の水温が低すぎる場合または高すぎる場合も病気の原因になります、急激な温度の変化は熱帯魚にとっては良くないです。

◆ 水の汚れが原因
エサの食べ残しや熱帯魚の死骸なども水質が悪くなる原因のなので、そのことも病気の原因になります、水槽の水は定期的に交換しましょう。

◆ 新しい熱帯魚が原因
知り合いからもらって来た熱帯魚、またはショップで買ってきた熱帯魚が病気だった場合、自分の水槽にその病気の熱帯魚を入れてしまうことで他の熱帯魚も病気になる可能性があります。

◆ その他の要因
川などから拾ってきた石や水草などは、熱帯魚にとっては悪い細菌が付いている場合があって、その細菌が熱帯魚に感染してしまうと病気になります。

もし川から拾ってきた石を使うなら良く洗ってから、別の容器に入れて様子をしばらく見てから水槽に入れる事をオススメします。

他にも、水槽の近くで殺虫剤などを使うと熱帯魚が死んでしまう可能性もあります。
病気 ディスカス
タグ:熱帯魚 病気
posted by 熱帯魚 ディスカスの飼育と繁殖 | ディスカス
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。