熱帯魚 ディスカスの販売・購入 熱帯魚 ディスカスの飼育と繁殖

熱帯魚 ディスカスの販売・購入

熱帯魚 ディスカスは単独で飼育するとおびえやすく、なかなか落ち着つかない熱帯魚ですので、同じ水槽に最低でも5匹以上の群れになるように飼ってください。

5匹以上の群れになるようにと言っても予算の都合にもよりますが、60センチの水槽でレッドロイヤルブルー(RRB)やマリンブルーターコイズ、ターコイズといった幼魚を5〜10匹程度一緒に飼育するのが手頃だと思います。

それからディスカスは原則として、他の熱帯魚と一緒に飼育してはいけません。
ドアの開閉などによる振動などがあまりない静かな場所で、自分の上半身だけがディスカスから見えるような位置に水槽をおきましょう、こうすればディスカスは、あなたの事を覚えてくれて、徐々に慣れてくれると思います。

・ディスカスが好きな水質と水温とは?
熱帯魚 ディスカスは、弱酸性から中性(pH5.5〜7)を好む水質だと、たくさんのブリーダーさんによるデータや経験から割り出されていて、魚の排泄物や餌の食べ残しによってできる、アンモニアの濃度が限りなくゼロに近い軟水(0〜7d、水の硬度を示す単位。
1dは水1リットル中にマグネシウムやカルシウムなどの鉱分が10r含む)といわれます。

水質は市販の水質チェックできる検査キットで簡単に調べることができるので、自分の水槽の水質はどうなのかをよく把握して、こまめに水質チェックする習慣をつけると良いでしょう。

特に、ひと昔前までの日本の水道水なら、4.7dの軟水だったためそのまま使用しても問題無かったのですが、現在は必ずしもそういった水質とは言いきれない状況になってきています。

軟水ではない場合は、陽イオン交換樹脂などを使用して、水の硬度を調整するようにしましょう。
熱帯魚 ディスカス
posted by 熱帯魚 ディスカスの飼育と繁殖 | ディスカス
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。