熱帯魚 ディスカスの繁殖方法 熱帯魚 ディスカスの飼育と繁殖

熱帯魚 ディスカスの繁殖方法

まずはディスカスの食べる餌ですが、ディスカスに限らず熱帯魚を飼育する上で水と同じくらい重要なのが餌選びですね。

熱帯魚にあげる餌によって、ディスカスの体の色や体形などがどう成長するのか決まります。
熱帯魚 ディスカス専用の餌も何種類か普通に販売されているので、それらをうまく組み合わせて上手に与えてください。

市販されている熱帯魚 ディスカス専用の餌の中でも、牛の心臓が主成分の冷凍の生き餌は、ディスカスは好んで食べるし、栄養のバランスや体の色を出すという点からも大変優れたエサなので是非試してみてください。

これを餌の主食として与えて、たまにあげる副食はフレークなどの乾燥餌を与えるとよいです、もちろんディスカスの食べ残した餌は、水槽から速やかに取り除いてあげてください。

ディスカスは飼育開始から、半年間で勝負が決まる熱帯魚といわれていて、3〜4センチの幼魚が10センチまでに成長するまでが一番手間と時間がかかります。
この半年間を病気をしないで、乗り越えれば後は順調に成長してくれる事と思います。

そのディスカスが成魚の大きさになるには、約9ヵ月から1年位かかります、その時期になると今まで水槽でまとめて飼育している中から、何となく寄り添った2匹のディスカスが、ポンプのストレーナーパイプやガラス面を頻繁につつくといった行動が見られるかもしれません。

もしそういう2匹を見つけたら、その2匹はペアである可能性がかなり高いです。

その2匹に、ペア専用水槽(60〜75センチ程度のもの)を用意してあげて、人の出入りが少ない静かな環境の場所に置いてあげましょう。
ペア専用水槽に使用するろ過フィルターには、パワーフィルターやブリラントフィルターなどを使用すると便利です。

その時は飼育水槽のように水換えを頻繁にする必要ありませんし、水温もだいたい28℃と低めに設定するのが良いでしょう。
熱帯魚 ディスカス
posted by 熱帯魚 ディスカスの飼育と繁殖 | ディスカス
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。